終始車を使って移動する旅!

家を出発するときから帰ってくるまで、ずっと車で行く場合、荷物スペースに入る分の量は、行く前から気にすることなく眠くなったとき用のうす掛けやらあって便利な箱ティッシュやら、思いつくまま安心するまで詰め込むことが出来ます。それを、使いやすいように配置・配備するのもまた楽しいことです。家族で行くときには、子どものおもちゃもある程度持っていけます。友達と行く時は途中でピックアップもできます。旅先でも、荷物の心配なくお土産などの購入ができます。「宅急便で送らなきゃ」という心配も軽減されるのが車の良いところです。往復の運転では、交代したり休憩したりしながら行くのも、またよい思い出になりそうで何度行っても飽きないのではないでしょうか。

公共交通機関を駆使して行く旅!

公共交通機関で行く旅は、行先により、バス・タクシー・電車・新幹線・飛行機・船など多くの種類があり、乗り物好きには一層楽しいものだと思います。特に、新幹線・飛行機・船は日常生活で利用する機会が比較的少なく、旅ならではの経験や思い出になるのではないでしょうか。持ち運べる荷物は、基本的には自分たちで自力で運べる量になるものの、最近ではTVCMで往復宅急便の宣伝もよく見るようになり、そのようなサービスも合わせて駆使することで、電車などでの旅も快適になるのではないでしょうか。さらに、公共交通機関を利用する際は、運転する人が不要になり、免許を持っていなかったり、運転に慣れていなくても、誰でも気軽に旅することが出来ます。